アルテミスステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回はアルテミスステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1・2番ゲート不利と判断しています。

現時点のオッズではウインアグライアが3番人気で、ユーバーレーベン5番人気ですが総合オッズで見るとこの2頭は入れ替わると読んで、ウインアグライアを5番人気とします。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠5番ユーバーレーベンですが、近2走ともマクリの競馬。

同じような競馬をしてくるならもう少し外寄りでも良かったかも。

 

次に3枠6番ククナですが、この馬9頭立て以下しか経験ないんですよね。

初の多頭数でキャリアの浅さが出なければいいですが。

 

次に7枠13番テンハッピーローズですが、多頭数も経験済みで特に問題はないでしょう。

 

最後に7枠14番ソダシですが、近2走先行で勝利しているだけに、この配置はやや割引か。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連複)


7枠14番ソダシ


1枠1番
タウゼントシェーン
3枠5番ユーバーレーベン
3枠6番ククナ
4枠7番ウインアグライア
7枠13番テンハッピーローズ


穴馬(C)(D)

各200円×10点

(計 2000円)

 

3連複勝負です。

上位人気馬から選んだのはソダシ。

実績重視で選びました。

洋芝経験しかない馬ですが、これが仮にステイゴールド産駒なら疑いましたが、この馬の父はクロフネで東京コース大得意のヴァイスリージェント持ち。

実績と血統背景で3着以内ならという意味で選びました。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

新馬で負かした2着馬は次走で勝利、3着馬も次走で1秒差の圧勝。

決してレベルの低い馬ではない。

父は今年大ブレイクのエピファネイアです。

(D)

血統推奨馬で挙げたノーザンダンサー系、穴馬推奨馬でも挙げた馬。

前走負かした相手はコスモス賞2着のカランドゥーラ。

それを物差しで考えたら、ウインアグライアと大差はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です