新着エントリー

アイビスサマーダッシュ2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは新潟競馬場で行われる芝1000m戦。

夏の名物重賞で快速自慢の馬達が集まるレース。

とにかく外枠を買っておかないと馬券にならないレースです。

枠順が発表されないと予想にならないレースですが、分かっている範囲内で予想していきます。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

現時点の想定オッズではトキメキが5番人気でオヌシナニモノが4番人気となっています。

ですがこれ以降はトキメキを4番人気以内想定として扱います。

流石にオヌシナニモノの4番人気は考えられない。

今村聖奈騎手人気でしょう。

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ・先行馬が圧倒的。

注目するのはここしかないでしょう。

そこで逃げ・先行で圏内に入った22頭について調べてみると21頭が…

 

① 前走距離芝1000~1200m
② 前走4角5番手以内
③ 当日5番人気以下馬は11番ゲート以降

 

③の条件を除くこの条件に該当する馬は

 

アヌラーダプラ
シンシティ
ジュニパーベリー

スティクス
トキメキ

マウンテンムスメ
ライオンボス
レジェーロ

 

以上8頭です。

赤字の馬は想定人気では5番人気以下の馬です。

トキメキ・ライオンボス以外の6頭については③の条件に該当するので、枠順確定後11番ゲート以降に入った馬を脚質傾向推奨馬とします。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬を見ても複勝率を見ても9番ゲート以降が有利と考えて良いでしょう。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると全体傾向以上に顕著で明らかに外枠有利です。

上記のデータを考慮して

 

9番ゲート以降有利

 

と判断します。

内枠から穴馬が出たら仕方ない。

事故だと思って諦めます。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

・父ミスプロ系×母父サンデーサイレンス系

です。

近2年はミスプロ系が圧倒的。

母父もサンデーサイレンス系が優秀ですが、父がミスプロ系でなくなると成績は大したことがない。

よって父ミスプロ系×母父サンデーサイレンス系を推しました。

今回の該当馬は

 

オールアットワンス
キタイ
シンシティ
スティクス
ビリーバー
ライオンボス

 

以上6頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 牝馬
② 5歳以下
 斤量55キロ以下

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

オールアットワンス
トキメキ

 

以上2頭です。

このレースで5歳以下の4番人気以内の牝馬が来なかった年は2014年だけ。

枠順にもよりますが、軸という意味でならこの2頭ですね。

ただ枠順で人気がガラッと変わってしまうので、当日人気と上記条件を照らし合わせた上で参考にしてください。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 7歳以下(牝馬は5歳以下)
② 9番ゲート以降
③ 前走距離芝1200m以下
④ 前走10番人気以内
⑤ 前走OPクラス以上で4着以内or4角2番手以内
⑥ 前走2・3勝クラスで3着以内

 

昨年を除く9年で上記の条件で好走馬が出ています。

想定5番人気以下馬で②の条件を除く上記の条件①③+④or⑤に該当する馬は

 

アヌラーダプラ
シンシティ
スティクス
ビリーバー
マウンテンムスメ

 

以上5頭です。

あとはここから当日9番ゲート以降に入った馬が推奨馬となります。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は8,3%です。

 

・8歳以上(0・0・0・13)複勝率0%
・前走間隔中11週以上(0・0・0・22)複勝率0%
・前走8着以下(0・0・1・61)複勝率1,6%
・前走敗戦馬の着差1,6秒以上(0・0・0・13)複勝率0%
・前走7番人気以下(0・0・1・73)複勝率1,3%
・前走馬体重464~494キロ以外(1・0・0・59)複勝率1,6%
・前走4角10番手以下(1・0・0・27)複勝率3,6%
・前走距離1400m以上(0・0・0・17)複勝率0%
・前走ダート戦(0・0・0・13)複勝率0%
・1~8番ゲート(0・0・1・63)複勝率1,6%

 

1~8番ゲートという項目を除く、このデスデータを全て突破した馬は残念ながら1頭いませんでした。

流石に項目が多すぎましたね。

ですので準パーフェクト突破馬を挙げておきます。

 

アヌラーダプラ
ヴェントヴォーチェ
ジュニパーベリー
シンシティ
スティクス
ビリーバー
マウンテンムスメ
ロードベイリーフ

 

以上8頭です。

あとはここから当日9番ゲート以降に入った馬がデスデータ推奨馬となります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

(B) ?????

前走は初芝で初1000m、しかも内枠という不安要素満載ながらも好走した。

未知なる可能性という意味ではメンバー中1番ではないか?

血統傾向・穴馬消去法・デスデータ推奨馬であり、外枠に入るようであれば間違いなく推奨穴馬筆頭です。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。