新着エントリー

みやこステークス2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回はみやこステークス2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは阪神競馬場で行われるダート1800m戦。

例年の京都開催ではなく昨年に引き続き阪神開催です。

今年は昨年の覇者クリンチャーや一昨年の覇者ヴェンジェンス 、その他にも実力馬が多数いて馬券的にも楽しめそうな感じがします。

個人的に注目しているのはダート初参戦のダンビュライト 。

買うかどうかは別にして、この馬の走りには注目です。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

阪神開催のみやこステークスのサンプル数は昨年の1レースしかありません。

よって2011年以降の同コース重賞で調べました。

以下がその脚質傾向です。

 

 

これを見ると先行馬が勝率・複勝率共にトップ。

そこで先行馬に注目して調べてみると、先行して上り3位以内だった馬は11頭いて複勝率100%でした。

その11頭の前走から好走条件を探してみると10頭に共通する条件がありました。

 

① 前走5番人気以内で4着以内
② 前走上り5位以内
③ 前走4角6番手以内

 

ある程度の先行力もあり上りの脚も持っている馬がやはり有力なようです。

今回これに該当する馬はスワーヴアラミス・プリティーチャンス・メイショウムラクモの3頭です。

 


次は枠順傾向です。

こちらのデータも同様に2011年以降の同コース重賞で調べました。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると比較的好走傾向にあるのは4~12番ゲート。

ただ勝馬は内から外まで満遍なく好走しています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると中枠から外目の8~14番ゲートの成績が比較的良い。

勝馬は別として、複勝率を総合的に見るとやはり極端な内外は割引ですね。

 

上記のデータを考慮して

 

4~14番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

阪神開催のみやこステークスのサンプル数は昨年の1レースしかありません。

よって2016年以降の同コース重賞で調べました。

傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

・ヴァイスリージェント内包馬
・ダンチヒ内包馬

です。

上記の表では網羅出来ていませんが、ヴァイスリージェントやダンチヒの血を持っている馬の好走が目立ちます。

殆どのデータがアンタレスステークスですが、昨年の同コースみやこステークスでもクリンチャーとエイコーンがダンチヒ持ちでした。

 

今回の該当馬は

 

アシャカトブ
アナザートゥルース
アンセッドヴァウ
エイコーン
エクスパートラン
クリンチャー
ニューモニュメント
ヴェンジェンス

 

以上8頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

2018年を除く過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走2番人気以内 且つ 上り3位以内or4角4番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去9年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

メイショウムラクモ

 

以上1頭です。

前走着順は極端に負けてなければ問題ないでしょう。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走3着以内or2番人気位以内 且つ 前走上り3位以内or4角3番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去9年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アンセッドヴァウ
サンライズソア
プリティーチャンス
メイショウハリオ
ロードブレス

 

以上5頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後にこのレースにおける極めて好走率が悪い2018年を除く過去9年のデスデータを調べてみました。

ただほとんどが京都開催時のデータなのでこれがどこまで通用するかはわかりません。

今回は5番人気以下限定です。

 

・前走着差1秒以上(0・0・0・44) 複勝率0%
・前走馬体重459キロ以下と500キロ以上(0・0・1・47) 複勝率2%

 

このデータを全て突破した馬は

アンセッドヴァウ
ダンビュライト
ニューモニュメント
ラストマン

以上4頭です。

あくまで想定オッズだがダンビュライト以外は大穴ですね。

そしてそのダンビュライトですが芝レースでのものなので、正確に言えば当てはまらないのかも。

一応データ突破馬だが押さえで買うくらいがいいのかもしれない。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

重賞に挑戦して以降7戦消化したが、G1を除けば6戦5圏内という安定した成績。

その内3戦は地方競馬だが、中央場所でも3戦2圏内でしかも人気薄での好走。

今回も想定オッズでは低評価だが同コース重賞で好走実績もあり、戦ってきたメンバーを考えれば3着くらいなら十分見込める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です