新着エントリー

みやこステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はみやこステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースや単勝1番人気が100円台のレース、グランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬がいる場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

そして今回は3連単で勝負です。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回は2頭軸で勝負。

 

6枠11番クリンチャー
4枠7番スワーヴアラミス

 

1番人気のクリンチャーが入ってるじゃねえかよと突っ込まれそうですが、その通りですみません。

その代わりに今回は上位人気馬から選ぶのはこの2頭のみ。

あとは穴馬へ流します。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1着)
6枠11番クリンチャー
4枠7番スワーヴアラミス

(2・3着)
6枠11番クリンチャー
4枠7番スワーヴアラミス

(2・3着)
穴馬(C)(D)
1枠1番アンセッドヴァウ
△2枠4番ヴェンジェンス

3枠5番アナザートゥルース

◉→◉↔️★各300円×8点=2400円
◉→◉↔️△各100円×12点=1200円

(計3600円)

 

まず2頭軸1頭目のクリンチャーだが、近走の走りから死角はほぼないと言ってよい。

ただ強いて死角があるとすれば鞍上変更。

決して武騎手が悪いという訳ではないが、この馬がダート路線に変更してからの全3勝は全て川田騎手。

積極的な騎手と相性が良いようで、オールマイティーな武騎手とは手が合わない気がする。

中団くらいで構えて取りこぼしで圏内は確保するが届かずの2・3着が物凄くしっくりくる。

 

次いで2頭軸2頭目のスワーヴアラミスだが、重賞実績・同コース実績も問題なし。

さらに前走3着に敗れはしたが、その時の2着は数日前にJBCクラシックを制したミューチャリー。

また基本的に砂を被るのを嫌う馬だが、近4走中3走が4番ゲート以内にも拘らず好走している。

復調した今が買い時だと思います。

 

逆に上位人気馬から嫌ったオーヴェルニュだが、不安材料は好成績が中京コースに偏り過ぎていること。

決して阪神コースがダメという訳ではないが、パフォーマンスはやや落ちるだろう。

さらに前走直接対決したクリンチャーとの比較だが、オーヴェルニュが斤量プラス1キロ増に対してクリンチャーは据え置きでこの点でも不安はある。

もう一つ言うと中京巧者でもあるので狙っているのはチャンピオンズカップ。

ここでの本気度は決して高くはないだろう。

 

次いで上位人気馬から消したもう1頭のメイショウムラクモだが、前走の圧勝を見るとかなりの逸材かと思ったが、現3歳馬でダートの古馬OPクラス以上に挑戦した馬の成績を見ると結果は以下の通り。

 

 

7頭中6頭が5番人気位以内で掲示板に入ったのは1頭のみ。

ちなみにこの中にはメイショウムラクモが前走コンマ5秒差で降したスウィープザボードも含まれる。

この馬は別格だという見方もできるが信頼性は定かではない。

さらに過去10年のみやこステークスで4番人気以内に入った3歳馬の成績は(0・1・0・5)というデータもある。

 

推奨穴馬(C)(D)の他、△押さえでアンセッドヴァウとアナザートゥルースとヴェンジェンス。

まずアンセッドヴァウ前回記事で書いた血統推奨馬・穴馬消去法推奨馬・デスデータ突破馬。

そして同コースの成績は(2・1・0・1)という抜群の成績。

 

そしてアナザートゥルースヴェンジェンスだが過去実績のある高齢馬。

両馬とも近2走の成績を見るともう終わった気もするが、見限るのは早計と思い押さえる。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ロードブレス

重賞に挑戦して以降7戦消化したが、G1を除けば6戦5圏内という安定した成績。

その内3戦は地方競馬だが、中央場所でも3戦2圏内でしかも人気薄での好走。

同コース重賞で好走実績もあり、戦ってきたメンバーを考えれば3着くらいなら十分見込める。

 

(D) ?????

前走は2着だったがその時の3着馬はG1で2着1回・3着2回の実績を持つサンライズソア。

前走も前残りの展開の中唯一突っ込んできたのはこの馬だけ。

デビュー以来上り3位以内をいまだに継続中で、展開さえ向けば十分チャンスがある馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です