きさらぎ賞2021予想 枠順確定後の最終結論

今回はきさらぎ賞2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では5枠以降有利と判断しています。

ここで土曜中京競馬場芝レースの出目と脚質を以下に載せました。

 

 

まず出目で見ると6枠以降からは3頭しか圏内馬はいませんが、少頭数のレースが多かったのであまり当てにはできません。

ただ脚質に関しては差し馬有利といえる結果で、きさらぎ賞も少頭数ということを考えると枠順はあまり気にせず、差して来れそうな馬を探すのがベストではないでしょうか。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠2番ラーゴム・4枠4番ダノンジェネラルですが、長期開催で内馬場は避けたいところ。

ただ少頭数なんでマイナスとも言い切れないがプラスでもないですね。

 

次に3枠3番ヨーホーレイクですが、決め手勝負の馬なのでもう少し外寄りでも良かったかな。

 

最後に7枠9番ランドオブリバティですが、今回は内に逃げ馬タガノカイが入ったのは良かったのではないでしょうか。

これで前走よりは暴走するリスクは減ったかな。

あとは2~3番手くらいで控えてどんな競馬が出来るか?

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
3枠3番ヨーホーレイク
4枠4番ダノンジェネラル


(2・3着)
穴馬(C)

(2・3着)
3枠3番ヨーホーレイク
4枠4番ダノンジェネラル
2枠2番ラーゴム
7枠9番ランドオブリバティ

 

各200円×12点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはヨーホーレイクとダノンジェネラル。

 

土曜競馬から考えると狙いたいのは差し馬。

そうなると頭で狙える魅力があるのは武騎手の腰痛は不安だが決め手ピカイチのヨーホーレイク。

2・3歳戦ならお任せと言えるのダノン・川田・中内田コンビのダノンジェネラル。

3戦連続上り3位以内のラーゴム。

 

迷ったがこの3頭で渋々評価を落としたのはラーゴム。

堅実性で言えばラーゴムが1番だと思う。

ただ頭で狙うなら3戦連続上り最速のヨーホーレイクとまだ底を見せていないダノンジェネラル+絶好調川田騎手に魅力を感じる。

 

あとランドオブリバティは控えて差すなんてできるとは思えない。

前走の暴走劇にもかかわらず1番人気となると、思い切って消した方が良いくらい。

全姉のリバティハイツを見てもこの気性を活かすには短距離でこそだと思います。

 

そして今回選んだ穴馬(C)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

出遅れ癖がネックだが、今回のゲート練習では問題ないらしい。

スタートさえ決めてくれれば、デビューから2連勝しているように能力的には十分圏内の可能性あり。

今の馬場馬も考慮すると、今回は理想的な外枠に入ったので末脚に期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です